WEBライター

【初心者必見!】WEBライターで1から月収50万まで到達する方法とは?

在宅ワークが主流になる中で、WEBライターの仕事に注目が集まっています。

WEBライターとして働く人の中には、初心者からコツコツ仕事をして、月50万、さらに100万円を稼ぐようになった人もいます。

とはいえ、今この記事を読んでいる人の中には、

「初心者ライターから月50万稼ぐなんて無理!」
「WEBライターで50万円稼ぐなんて情報は嘘だ!」

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

なな
でも初心者ライターから実際に月50万、さらに100万円以上稼いでいる人がいるのは事実です!

そこで今回は、「初心者ライターが1から50万円まで到達する方法・手順」をご紹介します。

今回紹介する手順・方法でコツコツと継続してやっていけば、確実に月50万まで達成することができます。

ぜひ最後まで読んで、WEBライターとしてどうやって月50万円まで到達するのか、イメージを付けてみてくださいね。

WEBライターで1から月収50万まで到達する方法

WEBライターで月収50万を達成するためには、以下の流れ・方法で仕事をしていきます。

1.クラウドソーシングでライティングの仕事に取り組み、評価と実績を貯める

2.継続できそうな仕事に取り組む

3.ポートフォリオ(実績プロフィール)を作成する

4.自分の得意ジャンルのサイトをピックアップし、直接営業をかけていく

5.直接営業での継続案件で価格交渉をする

今はよく分からなくても全然OKです!簡単にかみ砕いて説明していきます!

1.クラウドソーシングでライティングの仕事に取り組み、評価と実績を貯める

まずはクラウドソーシングに登録して、ライティングの仕事に取り組み、評価と実績をためましょう。

メモ

クラウドソーシングって何?

仕事を頼みたいクライアントと、仕事をもらいたい人がマッチングする無料サイトです。クラウドソーシングに登録することで、クライアントが募集している仕事の案件に応募することができます。

クラウドソーシングの例:クラウドワークス、ランサーズなど

なな
クラウドソーシングへの登録はすべて無料!ほんの5分で登録できます!

クラウドソーシングで仕事をすると、仕事をするたびに実績数が+1件、最大★が5つの評価が付きます。

ライティングの仕事を頼むクライアントは、この実績や評価を見て仕事を依頼するかどうかを決めるので、実績と評価はとても大事なんです。

そのためまずは、初心者OKと書かれた低単価の案件をこなして、実績と★5つの評価を5,6個ほど貯めましょう

初心者ライターは文字単0.3円~0.8円が一般的です!

まずは低単価の案件で実績を積んでいってください。

また、案件を選ぶときはできるだけ短期の案件を選びましょう。

案件の中には「記事10本」や「10,000文字の記事」といった案件もありますが、それだと評価をもらうまでにかなり時間がかかってしまいます…

そのためすぐに評価がもらえる「記事1本」のような短期案件を選びましょう。

なな
KWスクールでは、記事の書き方やコツを無料で公開しています!良い記事を書くコツを知りたい方はぜひ登録してみてください!

2.継続できそうな仕事に取り組む

初心者向けの案件で実績を貯めた後は、クラウドソーシングで継続できそうな仕事に取り組みます!

今までは文字単価1円以下でしたが、次は文字単価1円以上の仕事に挑戦しましょう!

また案件に選ぶときには、自分が続けられそうな仕事(書くのが苦にならないジャンル・内容)を選ぶようにしてください。

なな
コツコツ執筆をやっていけば、初心者でも確実に文字単価は上がっていきますよ!

3.ポートフォリオ(実績プロフィール)を作成する

文字単価1円以上の記事の実績ができたら、次はポートフォリオ(実績プロフィール)を作ります。

ポートフォリオとは、自分が過去に書いた記事のURLや自分の得意ジャンル・プロフィール等をまとめたものです。

ポートフォリオを作ることで、ランサーズやクラウドワークス以外で直接営業ができるようになります

直接営業って何?

クラウドソーシングを介さず、企業からWEBライターの仕事を直接受注することです。

企業と直接やりとりをするので、クラウドソーシングのように高い手数料がかからず、給料がそのまま振り込まれます!

なな
今はまだポートフォリオを作るイメージができなくても、もちろん大丈夫です!コツコツと記事を書いていけば、確実にポートフォリオに書ける実績が増えていきますよ◎

クラウドソーシングの場合、すべてに手数料20%がかかるので、多額を稼ぐのは難しいとされています(例:10万円稼いだ場合は手取り8万円)。

このように、できるだけ早くクラウドソーシングを卒業し、企業から直接仕事をもらえる状態(=ポートフォリオを作成する)にすることが大切です!

4.自分の得意ジャンルのサイトをピックアップし、直接営業をかけていく

ポートフォリオを作成したら、実際に企業に直接営業をかけて、記事執筆の仕事をもらいにいきます。

営業のかけ方はとてもシンプルで、自分の得意ジャンルの企業のホームページを10個~100個ほどピックアップそ、ページの「問い合わせフォーム」から営業をかけていきます。

なな
営業をかけるってどういうこと!?と思うかもしれませんが、今は分からなくてもOKです!なんとなくで理解しておきましょう!

営業をかけるときは、自分で作ったポートフォリオで実績を示し、

「自分がこのサイトの記事を書きたい!記事の執筆を任せてほしい!」

ということを伝えていきます。

このように直接営業をしていくことで、手数料なしで給料がもらえるWEBライターの仕事を増やしていくことができます!

5.直接営業した継続案件で価格交渉をする

直接営業をして仕事をもらい1,2か月ほど経ったら、価格交渉をして文字単価・記事単価を上げていきます!

なな
価格交渉の方法もちゃんとやり方があります!やり方さえマスターすれば簡単にやることができますよ◎

価格交渉をして単価が上がれば、収入もどんどん増えていきます。

【これさえやればOK】WEBライターで50万円稼ぐ方法は明確!

以上説明した通り、ここまでの5つのステップを着実にこなせば、確実に収入が50万に到達することができます。

しかし中には、今回の手順を聞いて、

「WEBライターって難しそう、大変そう…」

そう思った方もいるのではないでしょうか?

しかしWEBライターは、特別なスキルがいらない、本当に稼ぎやすい仕事です!

なな
私自身も、こんなに簡単に始められて、稼ぐことができる仕事は他にないと思っています!

今は月に50万円稼ぐようなイメージができなくても、コツコツと仕事を継続していけば、確実に月50万を稼げる未来は見えてきます。

そしてKWスクールの無料LINE講義なら、WEBライターとして確実に稼げる方法を紹介しています。

ここでしか知れないライティングのノウハウや、初心者がWEBライターで月5万稼ぐ方法など、様々な情報を知ることができますよ。

WEBライターに挑戦したい人・WEBライターで稼げるようになりたい人は、ぜひKWスクールに登録してみてください!!

 

-WEBライター

© 2021 KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~ Powered by AFFINGER5