WEBライター

【凡人でも】Webライターが高単価案件を受注する11の秘訣【現役ライターが解説】

「Webライターとして高単価案件を受注するにはどうしたらいいの?」

「Webライターの報酬相場や月収ってどれくらい?」

「Webライターとして稼げるようになるにはどれくらいかかる?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

Webライターは、巷では「報酬が安い」「稼げない」などと言われがちです。

そのため、高単価案件を果たして自分が受注できるのか、もっというと稼げるのか……といった点を心配と思うのは無理もありません。

 

村上
しかし、ご安心ください! 上記の悩みや疑問を月収40万円の現役Webライター、村上が解決します!

当記事では下記の内容をお話ししていきますので、ぜひ参考にしてください。

  • Webライターが高単価案件を受注する11の秘訣
  • Webライターの報酬相場や月収の目安
  • Webライターとして稼げるようになるまでの期間の目安

 

これから、Webライターを目指す、またはすでにWebライターになっているけど、より高額報酬を目指したい場合は、当記事の内容を実践してみてくださいね。

きっとお役に立てるはずです!

 

Webライターが高単価案件を受注する11の秘訣!月収40万円ライターが解説!

まずは結論からお話ししましょう。

村上
私、村上が実践している高単価案件を受注する11の秘訣をご紹介していきます!

 

具体的には下記の秘訣を実施しています。

  • 基礎的な文章力を身につける
  • SEOの知識を身につける
  • 専門分野の知識を身につける
  • クライアントの信頼を獲得する
  • 適切に単価交渉を行う
  • 案件の見極めを大切にする
  • 添削の機会があれば素直に従う
  • 実績を積み上げる
  • プロフィールを日々更新する
  • クラウドソーシングの評価を良くする
  • ブログやSNSなどのメディアを育てて、直接契約に持っていく

 

どれも特別才能が必要なものではありません。

1つずつ地道に潰していけば、おそらくどんな方でも実践できる秘訣でしょう。

タイトルにもある通り、当記事の内容は”凡人でも”高単価案件を受注できるような内容ですので、ぜひ1項目ずつ押さえて行ってくださいね。

 

基礎的な文章力を身につける

まずは基礎的な文章力を身につけましょう。

Webライターは文章を書く以上、文章力がないと話になりません。

 

ただし、必要とされる能力は詩的な表現や、巧みな文章表現・比喩などではないのでご安心ください。

中学生が読んでも理解できるようなわかりやすい文章が書ければそれで十分です。

メモ

なぜ中学生なの?:中学生までが日本では義務教育なため、中学生が理解できる内容なら、おそらくどんな大人でも理解できる……はずだから。
ただし、記事の想定読者の知識レベルに合わせて言い回しや表現は変えていく必要がある。

 

基本的な文章力を具体的にいうと下記です。

  • 主語と述語の一致
  • 文末(語尾)の連続を避ける
  • 主張と理由をセットにする
  • 指示語をなるべく使わない

などなど……

 

基本的な文章力を身につけるために、おすすめの書籍は『新しい文章力の教室』です。

ナタリーの方が執筆されている書籍なので、Webメディアで記事を書く際の参考になるでしょう。

下記から詳細を確認してみてください。

新しい文章力の教室はこちら

 

SEOの知識を身につける

次はSEOの基礎知識を身につけましょう。

メモ

SEOとは?:Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称。
自身のコンテンツをGoogleなどの検索エンジンの検索結果の上位に表示するための施策を意味する。

 

WebライターはWebコンテンツを作成する以上、基本的にSEOのスキルが必要。

理由としては、書いた記事が人目に触れなければ書いた意味がないからです。

 

執筆した記事が検索結果の上位に表示されて初めて読まれますよね?

SEOを意識していない記事は上位表示されない→読まれないということになるので、Webライターとして高単価案件を獲得したい場合は、SEOに強くなることが重要というわけです。

 

SEOの知識はネットにある情報でも十分得られます。

最低限、下記の2サイトは押さえておきましょう。

もちろん、全ての内容を把握しておく必要はありませんが、情報としてある程度は知っておいてください。

Googleウェブマスター

海外SEO情報ブログ

 

専門分野の知識を身につける

3つ目の秘訣は専門分野です。

文章力とSEOは、Webライター次第で程度の差はありますが、基本的に全員が修めているものなので差別化が難しいのが現状。

 

そこで、高単価案件を獲得するための一番重要な秘訣が「専門分野」です。

メモ

専門分野とは?:他のライターに負けない、自分の得意分野のこと。
高単価を狙えるジャンルは下記。

  • 金融
  • 医療
  • 法律
  • 不動産
  • 健康
  • 美容

などなど

ちなみに、どれも個人ブログでは挑戦しにくいYMYL(Your Money or Your Life)ジャンルなので、Webライターが活躍できるジャンルともいえます。

 

上記のような高単価なジャンルでの執筆が一番効率的ですが、周囲の人に負けない知識と情熱があれば、専門分野として扱って大丈夫です。

例えば、次のようなジャンルでも、極めれば高単価案件を得ることは不可能ではありません。

  • アニメ
  • 音楽
  • 映画
  • ペット
  • レジャー
  • 旅行

などなど……

 

自分が最も得意なジャンルを極めることで、他のライターと圧倒的な差別化が可能です。

文章力・SEO・専門分野の3つをまずは極めていきましょう。

 

ポイント

ちなみに、可能なら資格や免許を取得すると、指名(署名)記事でライターの権威性を利用でき、記事の信頼性が増してSEOで有利に働くといったこともあります。

特に医療や法律系の資格・免許は取れるなら積極的に取得していきましょう。

 

クライアントの信頼を獲得する

さて、ここからは基礎の話を超えて、応用編。

Webライターが高単価案件を獲得するために重要な秘訣、クライアントからの信頼の獲得です。

 

クライアントがいなければ、Webライターは案件を受注することができませんよね。

そのため、Webライターは読者の次にクライアントの満足を考える必要があります。

 

メモ

クライアントの満足とは?:クライアントの最大の目的は利益。

方法は自社製品の販売・アフィリエイト・リスト獲得などさまざまだが、最終的には利益を出すために活動している。

Webライターは、クライアントの利益につながるコンテンツ作成が必須。

つまり、クライアントに大きな利益を生じさせることができれば、満足させることができるということ。

Webライターは、SEO的な観点からも読者の満足を最優先に考える必要がありますが、クライアントの利益も同じくらい重要なのです。

 

クライアントを満足させるためには、利益に通じるコンテンツ作成のスキルが必要です。

例えば下記。

  • セールスライティングのスキル:商品を販売する文章術
  • リサーチスキル:企業イメージをアップさせるために正しい情報を記載する能力
  • コミュニケーションスキル:クライアントとのやりとりをストレスなく行う能力

 

上記のスキルをしっかり身につけていると、クライアントからの満足が得られやすいでしょう。

クライアントが満足すれば、自ずと後述する単価交渉にもつながっていきます。

高単価案件を獲得するために、まずはクライアントを満足させ、信頼してもらうところから始めるべきです。

 

適切に単価交渉を行う

単価交渉を適切に行えると、同じ案件でも高単価になることがあります。

たとえば、1文字1.0円で受けていた案件が、交渉次第で1.5円になることも。

 

ただし、単価交渉は適切に行うのが重要。

場合によっては、クライアントに悪い印象を与えることもあるため、タイミングと提案の仕方には注意しましょう。

 

個人的におすすめしている単価交渉のタイミングは下記。

  • 半年以上の継続案件
  • クライアントから、新規案件の提案があったとき

 

ただ、単純に「単価を上げてください」と言うと、少しいやらしい感じがする場合もありますよね。

そこで、おすすめなのが下記のような表現です。

  • 執筆ペースを今以上にアップさせるので、単価を上げていただけないでしょうか?
  • 構成作成・添削・編集などの他の業務も承りますので、単価を上げていただけないでしょうか?

 

上記の言い回しは「クライアントに今以上のメリットがあるライターになるので、単価をあげてください」と提案するというもの。

いやらしさがなく、クライアントも受け入れやすいでしょう。

 

案件の見極めを大切にする

高単価案件を受注する上で、案件の見極めは非常に重要です。

どれだけスキルがあっても、クライアントからの信頼があっても、案件そのものが低単価なら、稼ぐのは難しいでしょう。

 

避けた方がいい案件の特徴は下記です。

  • 文字単価が0.5円以下の案件
    →ライターを安く買い叩く案件だから
  • 初心者・未経験者歓迎を必要以上にアピールする案件
    →普通は初心者を取りたくないはず。ブラック案件の可能性大。
  • ブログ持っている方限定などの案件
    →継続案件にならないから。
  • ECサイトなどのレビューを書く案件
    →ECサイト・クラウドソーシングサイト両方の規約違反。

 

上記の案件は、悪質クライアントが発注していることが多いので、注意しましょう。

また、クライアント自身の評価や実績も確認すれば、危険かつ低単価の案件に当たる確率はかなり低くなります。

あとは自分の専門分野を活かせる案件、スケジュールに無理のない案件などを、選んでいけばOKです。

 

添削の機会があれば素直に従う

また、クライアントによっては、記事のフィードバック・添削をしてくれる場合があります。

非常に勉強になる機会なので、添削は素直に受け取りましょう。

 

添削をしてもらえる機会に「リテイクかよ……最悪」と思うWebライターと「スキルアップのいい機会だ!」と思うWebライターではスキルアップに雲泥の差が出てきます。

相手は、Webマーケティングのプロなので、コンテンツ制作にも造詣が深いはず。

しっかりスキルを吸収していきましょう。

 

また、添削内容を丁寧に反映していくと、クライアントからの信頼にもつながります。

先述した通り、クライアントからの信頼があると、単価交渉の成功や継続案件の獲得につながるでしょう。

結果として高単価案件を受注できる場合が多いため、そういった意味合いでも添削には真摯に向き合ってください。

 

ただし、下記のようなフィードバック・添削には注意してください。

  • 複数回に分けて別の箇所の修正依頼を出してくる
  • 指示が一貫していない
  • 明らかにSEOや専門の分野の知識が足りないとわかる

 

上記のような添削は丁寧に従っていても、スキルアップどころか報酬を得ることも難しくなってしまいます。

自分のためにならないクライアントとの付き合いはなるべく早く消化して、別の案件を探すようにした方が良いでしょう。

 

実績を積み上げる

実績を積み上げていくことが、フリーランスWebライターにとって重要です。

というのも、なによりも信頼が重要だから。

 

同じスキルを持つライターがA、Bがいたとします。

A:多数のメディアで執筆経験あり。SEOでも上位記事を量産した成果がある

B:執筆未経験。SEOライティングは知識はあるが未実施。

両者を比較したとき、明らかにAに依頼したいと考えるものです。

 

同じスキルがあったとき、実績がある方を優先するのが自然な感情でしょう。

そのため、実績を見える形にして積み上げることが非常に重要というわけ。

 

たとえば、

  • クラウドソーシングサイトの実績・評価欄を提案時に見せる
  • ポートフォリオを公開する

上記の方法を利用して、実績をアピールしましょう。

メモ

ポートフォリオとは?:実績集のこと。
執筆した記事をまとめたサイトや自身のブログなどを意味する。

 

実績がない頃は案件獲得が難しいのですが、ある程度案件を消化すると、実績があるから案件が取れる、案件が取れたから実績が溜まるといったポジティブなループに入りますよ!

 

プロフィールを日々更新する

実績と同じくらいプロフィールは重要です。

クライアントも人間なので「誰に依頼するか」を重視するため。

 

可能なら、顔出し・実名のプロフィールを設定して信頼感を演出することは前提です。

注意ポイント

どうしても、実名が出せない場合は、本名のようなペンネームを設定しましょう。

本名が斉藤剛の場合

◯:佐藤ユウキ

×:ライター丸

確実に前者のペンネームの方が信頼を獲得しやすいので、本名っぽいペンネームを意識してください。

 

また、プロフィールは常に最新に設定しておきましょう。

というのも、実績と同じで、最も新しい自分をアピールする必要があるからです。

 

プロフィールが2年前で止まっていると活動していないのでは?と思われる可能性もありますし、新しい実績が更新されていない時点で、他のライターに差をつけられてしまいます。

実績を1個でも更新したら、プロフィールに記載する癖をつけましょう。

 

  • 経歴
  • 資格・免許
  • 執筆実績
  • SEOなどの成果

などをしっかり書いて内容に厚みのあるプロフィールにしていくと、高単価案件を取りやすくなりますよ。

 

クラウドソーシングの評価を良くする

クラウドソーシングを利用するWebライターが多いと思いますので、クラウドソーシングに限った秘訣を共有しましょう。

クラウドソーシング独自の文化として、評価と実績が公開されることがあります。

 

評価と実績を最大限利用していきましょう。

理由としては、クライアントはほとんどの場合、Webライターのプロフィール(評価・実績)を確認してから仕事を依頼するからです。

 

項目としては、

  • 総合評価
  • 受注件数
  • 詳細な評価コメント

まで、確認されることもしばしば。

 

悪い評価が1件でもあれば、高単価案件受注が難しくなると考えて差し支えありません。

そのため、クラウドソーシングで活動するなら、常に最高評価を得られるよう、

  • 丁寧かつ高品質な納品
  • 迅速なレスポンス
  • 納期厳守

など、基礎を徹底して行うことが重要です。

 

ブログやSNSなどのメディアを育てて、直接契約に持っていく

最後におすすめする高単価案件獲得の秘訣は、自身のメディアを育てることです。

ブログでもTwitterなどのSNSでも構いません。

 

とにかく、企業の人の目にとまるようなメディアを用意して、そこから依頼を受けたり、こちらから提案をしたりといったことができるようになりましょう。

理由としては、クラウドソーシングを介さない直接契約の方が同じ案件でも単価が高い傾向にあるからです。

 

クラウドソーシングは確かに便利ですが、高額な手数料を取られてしまいます。

出典:クラウドワークス

 

クライアントが同じ10万円を支払う場合でも、クラウドソーシングサイトを介した場合は、約2万円が手数料になるため、ライターの報酬は8万円程度になってしまうのです。

一方、直接契約の場合、10万円そのままを受け取れるので、同じ内容でも単価が高くなるというわけ。

 

なるべく、高単価案件を取るために、直接契約を目指して、自身のメディアを強化していくようにしましょう。

 

Webライターの報酬相場はどれくらい?

さて、Webライターが高単価案件を得るための秘訣をお話ししてきましたが、ここからは、Webライターの報酬相場や年収を説明していきます。

結論を先にいうと、下記のような相場になっています。

  • 初心者:文字単価〜1.0円
  • 中級者:文字単価1.0円〜3.0円
  • 上級者:文字単価3.0円〜

 

村上
あくまで私の感覚の話ですが、上記のように考えていただければ良いと思います!

 

初心者:文字単価〜1.0円

初心者はまず文字単価1.0円を目指しましょう。

クラウドソーシングの案件では、多くが〜1.0円です。

 

特に、初心者や未経験者を積極採用しているクライアントは〜1.0円の案件を募集していることが多い傾向にあります。

注意ポイント

文字単価1.0円未満は、稼げなくはありませんが、専業で生計を立てるのは難しいといったレベル。

 

スキルアップのための踏み台にするようにしてください。

 

中級者:文字単価1.0円〜3.0円

文字単価1.0円〜3.0円あたりが中級者の単価です。

村上
私もこのレベルです!

 

正直、案件の内容次第ですが、1.0円以上の単価が安定して継続できれば、生計を立てることは可能でしょう。

実際、私も1.0円〜2.0円の案件で、月収40万円をキープしています。

 

生計を立てられるギリギリ、月収20万円を文字単価1.0円で達成するには……

メモ

200,000円/月÷1.0円/文字=200,000文字/月

200,000文字/月÷30日/月=6,666文字/日

となり、1日7,000文字程度執筆できれば達成できるという計算です。

 

慣れたWebライターなら、7,000文字は4時間程度で執筆できるので、十分余裕のある計算と言えるでしょう。

もちろん、文字単価が倍になれば報酬も倍になるため、月収40万円も見えてきます。

 

村上
私は、単価約2.0円で、1日5,000〜10,000文字執筆していますよ!

 

上級者:文字単価3.0円〜

上級者になると、単価が非常に高くなり、3.0円どころか5.0円、10.0円、30.0円といった人もいるようです。

文字単価36円!? 高単価ライターから学ぶ、報酬アップの極意

上記の記事ではライターで月収80万円〜120万円を稼ぐ方が解説をしています。

トップライターになると、文字単価に上限はありません。

 

特に医療・法律系のジャンルになると、単価は非常に高くなります。

医師や弁護士しか書けない内容だと、希少性も高く、高単価になる傾向に。

 

生計を立てられるレベルなら中級者でも十分でしょうが、より高みを目指すなら、専門性の高い分野の記事執筆を極めることをおすすめします。

 

そもそもWebライターは稼げないのか?現役ライターがぶっちゃけます

さて、Webライターの報酬相場をお伝えしたところで「結局稼げるの?」と疑問に思われるのではないでしょうか。

たまたま、スキルやセンスがあったから稼げるようになったのでは?と疑う気持ちもよくわかります。

 

ただ、結論からいうと、きちんとスキルを磨いて正しく実践すれば、Webライターはセンスや才能が必要になってくることはあまりありません。

もちろん月収100万円を超えるようなトップライターになるには話が別です。

しかし、月収20万円以上を稼ぐ程度であれば、今回私が説明した、11の秘訣を1つずつ潰していけば、達成はできるでしょう。

 

しかし、そうは言っても、不安という思いは拭いきれないものだと思います。

村上
そこで、実際の調査から、フリーランスWebライターが生計を立てること自体、そこまで難しくないことを説明していきますね!

 

フリーランスWebライターの月収は15万円〜50万円程度

結論からいうと、フリーランスWebライターの平均的な月収は15万円〜50万円程度だと予測されます。

というのも、下記画像をご覧ください。

 

出典:フリーランス白書 2019

 

フリーランスの方を対象に行った調査では、文筆系(ライターなど)の年収は、

  • 200万円〜400万円未満が26.9%
  • 400万円〜600万円未満が21.5%

→200万円〜600万円未満が合計48.4%

となっていました。

つまり、Webライターを含む文筆系フリーランスの約半数が年収200万円〜600万円に位置するということです。

 

年収200万円〜600万円を月収に換算すると、15万円〜50万円程度といった結果に。

つまり、フリーランスのWebライターが月収20万円を達成するのは、調査からみてもそこまで難しい話ではないことがわかります。

 

もちろん、年収200万円未満の人も32.0%存在しますので、トレーニングと正しい施策の実施は必要ですよ。

 

Webライターで稼げるようになるまでどれくらいかかる?

当記事の最後に、Webライターはどれくらいで月収20万円を稼げるようになるのか、を説明していきます。

結論からいうと、半年〜1年程度あれば、達成できる人が多いでしょう。

 

村上
というのも、私は遅い方でしたが、約1年ほどで月収20万円を突破しているのが、1つの証拠です。

 

とはいえ、私だけのデータでは信用できないと思いますので、Twitterの声を紹介しましょう。

 

https://twitter.com/yurarigurashi/status/1344119769428066306

 

上記の方はWebライター9ヶ月目にして、月収20万円を突破したとのことです。

特徴は直接契約が収入の約半数を占めている点。

手数料が高いクラウドソーシングは早めに切り上げることが、成果を出すコツのようですね!

 

https://twitter.com/pine_writer/status/1344540939247779842

 

独立半年で月収20万円を突破したというツイートです。

もっと稼いでいる人がいるのは事実ですが、半年で月収20万円はかなり早い方でしょう。

 

しかし、専門分野の内容によっては、この方より早く成果を出すことも可能なのが、Webライターの世界です。

決して稼げない業界ではないことを理解していただけましたでしょうか?

 

まとめ:高単価のWebライターになるのは凡人でも可能!

Webライターが高単価案件を獲得する方法をご紹介してきました。

月収40万円現役Webライターの私が実践している秘訣は下記の11個です。

  • 基礎的な文章力を身につける
  • SEOの知識を身につける
  • 専門分野の知識を身につける
  • クライアントの信頼を獲得する
  • 適切に単価交渉を行う
  • 案件の見極めを大切にする
  • 添削の機会があれば素直に従う
  • 実績を積み上げる
  • プロフィールを日々更新する
  • クラウドソーシングの評価を良くする
  • ブログやSNSなどのメディアを育てて、直接契約に持っていく

 

上記を丁寧に実施していけば、月収20万円は夢ではありません

早い人で半年程度で達成できるので、これから専業Webライターを目指すのでしたら、ぜひ上記の秘訣を実践してみてくださいね。

村上
Webライターは腕次第で高単価案件を受注できる仕事です!
半年〜1年で生計を立てることは難しくありませんよ。

-WEBライター

© 2021 KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~ Powered by AFFINGER5