WEBライター

「最高月収98万円稼ぐWEBライターの川島さんにインタビューしました!」

こんにちは! KWスクールのななです。
なな

今回は、最高月収98万円を稼ぐWebライターの川島さんにインタビューしました。

兼業Webライターをなさっている川島さん、

どうやってWebライターとしてそこまでの金額を稼ぎ出せるのか、その秘訣を今回はお聞きしました!

これから「Webライターとして稼いでみたい!」とお考えでしたら、ぜひ参考にしてみてください。

まずは簡単な自己紹介をお願いします!

こんにちは、かわしまさん。まずは簡単な自己紹介をお願いします!
なな
かわしま
はい、ななさん。こんにちは。

私は、かわしまと申します。

現在33歳で、兼業でWebライターをしています。Webライター歴は10年くらいです。

得意分野は、
心理、健康医療、音楽、AI、です。

知らない分野でも、いろいろ調べながら執筆するのが得意です。

よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!

かわしまさんは、いま、1文字あたりおいくらでライティングなさっていますか?

なな
かわしま
いま、ちょうど担当させて頂いている案件は、1文字2円~5円です。

このほか、わりと、Web文書や、Webを介する公的な申請書類の添削なんかも需要があって、

だいたいA4用紙10数枚程度のチェックと添削が

1件2万円ほどです。

なるほど。
なな
かわしま
でも、

実は、あまり、

文字の値段、それほど気にしてないんですよ、笑。

え~そうなんですか??笑。
なな
かわしま
笑、はい。

初めてWebライターの仕事をした時、1文字0.3円だったんですよ。

でも、わりと早く、値段が上がっていきました。

へえ、それは、とても興味深いですね!

最高月収が98万円とお聞きしていますが、

かわしまさんが、どうやって1文字0.3円からスタートして

値段が上がっていったのか、

今日は、そのあたりも含めて、詳しくインタビューしたいと思います。

なな

 

 

なぜWebライターを始めたのですか??

ところで、

かわしまさんは、兼業Webライターをなさっているそうですが、

本業はどんなお仕事をなさっていますか?

なな
かわしま
シンクタンクの役割をもった研究所で、リサーチャーをしています。
リサーチャーをなさりながら、

なぜ兼業Webライターを始めたのですか??

なな
かわしま
それには、深いわけがあるんです。
どんなわけがあったのでしょう?
なな
かわしま
学校を卒業して、リサーチャーになったのですが、

リサーチャーの身分って、予想以上にとても不安定で、とても戸惑いました。

正規雇用されていても、プロジェクトが終わると、

さっと別の研究所に移るなんて、ざらです。私が入ったところは、そんな世界でした。

正規雇用されても、非正規雇用みたいなカンジですか?
なな
かわしま
そう、まさにそんなカンジです。
不安定なんですね、
なな
かわしま
はい。不安定なんです。

この不安定さが、私にとっては、どうにもこうにも腰が落ち着きませんでした。

せっかく正規のリサーチャーになったにもかかわらず、

常に次のポジションを気にしなきゃいけない。

これには強い失望感もあって、目の前の仕事から集中力がそれてしまうのです。

そんな中、ふと、ある言葉を思い出しました。

どんな言葉でしょう?
なな
かわしま
『どくりつじそん』
どくりつじそん?
なな
かわしま
はい。漢字で『独立自尊』と書きます。

これは、私が以前通っていた学校の創始者で、一万円札の肖像画にもなっている福沢諭吉先生の言葉です。

この言葉の意味は、『他を頼らずに、独自のもので身を立てることが、自分を大切にすることになる』いう意味です。

いい言葉ですね。
なな
かわしま
はい。とても好きな言葉です。

わたしも、リサーチャーをしながら、何か、独自に身を立てることができるものを始めよう、と思いました。

そして、始めたのがWebライターだった、という訳です。

 

Webライターで稼げたことによって感じるメリットや生活の変化を教えてください!

兼業Webライターになられて、

Webライターで稼げたことによって感じるメリットや生活の変化を教えてください!

なな
かわしま
なんといっても、勤務先などの組織に頼らずに、収入を得る手段を手に入れた安心感が、最大のメリットでした。
それはよかったですね!
なな
かわしま
はい、本当によかったです。

それ以降は、身分が不安定な職場でも、以前のように不安を感じることが無くなりました。

そして、

目の前の仕事に集中でき、毎日の生活全般が、なんとなく楽しい感覚へと大きく変化しました。

 

Webライターは難しくありませんでしたか??

Webライターは難しくありませんでしたか??
なな
かわしま
それが、Webライターは、すごく面白くて、とても気軽にWebライティングを開始できました。
たとえば、どんなところが面白かったですか?
なな
かわしま
なによりもまず、

Webライティングを開始して、すぐ、ダントツに面白く感じたのは、

Webライティング特有の書き方です。

これには、だいぶん興味を持ちました。

具体的には、Webライティングのどんなところでしょうか?
なな
かわしま
初心者のみなさんの多くも、おそらく同じだと思いますが、

今まで経験してきたレポートや報告書などの書き方と、Webライティングでの文章の書き方、特に文章の構成のノウハウが、まるで違うのです。

実に面白いです。

かわしまさんは、どうやって、それらのノウハウを習得なさったのですか?
なな
かわしま
これまでは、

よいレポートや、よい報告書とは、

①目的

②方法

③結果

④考察

の構成だ、と教えられてきました。

これらを、一旦、全部忘れることにして、

そして、Webライティングの方法について調べ始めたのですが、、、

 

そこで、またまた、さらに面白いことが生じました。

Webライティングのノウハウについて、当時、ありとあらゆる、いろんな情報が飛び交っていて、

なるほど、さまざま、いろんな工夫あるのです。。。

そうですね、Webライティングについて、いろんな情報がありますものね!
なな
かわしま
はい。当時は、Webライティングの歴史も浅く、気軽に教えてもらえる評判のいいWebライティング・スクールも身近にはありませんでした。

そこで、とにかくWebライティングのサイトや、書籍を片っ端から読破していって、これは!と思える部分や、納得できる部分を抜粋してメモしていきました。まさに、試行錯誤でしたが、そうしているうちに、SEOなども理解できるようになっていきました。

かわしま
しかし、ずいぶんと、労力と費用が、かかりました。笑
それは、たいへんでしたね。
なな
かわしま
はい。その点はたいへんでした。笑

Webライターで成果を出すために一番大事だと思うことは?

かわしまさんは、1文字0.3円からスタートなさった、とのことでしたが、

Webライターで成果を出すために一番大事だと思うことは?

なな
かわしま
先ほどもお話ししましたが、

あまり、金額は気にせず、スキルを向上させることが一番大事だと思います。

1文字1円以上の案件があるのなら、1円以上に越したことはありませんが、

 

私の場合、

最初は文字あたり0.3円でしたが、スキルの向上に応じて単価もみるみる上がっていきました。

 

そして、いつも、ベストを尽くし、さらにより良いWebライティングを心がけている事が、思わぬ人脈にもつながって、

ある健康器具メーカーの販売部門から声をかけて頂き、顧客ユーザー向けHP専属のWebライターとして、固定給も頂けることになりました。

同時に、Web上でやり取りする、各種申請書などの書類の添削の仕事も増えていきました。これが結構高額でした。自分の勉強にもなりました。

そうすると、さらにWebライティングのスキルも向上し、それが、また新しい案件につながる、

そういった良循環が形成されます。

一度そういう良循環に入ると、ますます集中力も上がり、心理学でいうフローとか、ゾーンとか呼ばれる状態に近い感覚になります。また、自分がそうなった時の姿をイメージしながら、案件を一つ一つ集中してこなしていくのがとても大切、と私は思います。

なるほど。とても共感できるお話ですね!
なな
かわしま
ありがとうございます。いつも、

読者はどんなWeb記事を喜ぶのだろう?

どんな記事を読みたいと思うのだろう?

といったことを考えながら、スキルを向上させることが一番大事だと思っています。

そこは、KWスクールの考え方と、共通していますね!
なな
かわしま
はい。共通していますね。

私の場合は、えらく労力と費用をかけて、

そして、苦労の末、やっと身に着けたノウハウでした。

KWスクールには、そんなノウハウを数多く蓄積しています。
なな
かわしま
素晴らしいですね。

これからの展望をお伝えください!

それでは、インタビューの締めくくりに、

かわしまさんの、これからの展望をお伝えください!

なな
かわしま
これからも、

ますます、スキルを向上させて、

1人でも多くの読者の方々に喜ばれるような、

必要とされるWebライターを目指していきたいと考えています。

そして、

新しいチャレンジとして、

いままで身に着けてきたスキルや、ノウハウを、

若い方々や、初心者の方々にアドバイスしていきたいと思っています。

また、最良のアドバイスをするためにも

自分自身も、さらに成長したい、と考えています。

かわしまさん、興味深いお話をありがとうございます。
なな
かわしま
ななさん。こちらこそ、ありがとうございます。
これからWebライターを志す方は、かわしまさんをモデルケースに取り組むと成功にたどり着きやすいでしょう!
なな
かわしまさん、ありがとうございます!
なな

 

-WEBライター

© 2021 KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~ Powered by AFFINGER5