WEBライター

【登録必須!】Webライターにおすすめのサイト7選を現役ライターが徹底解説!

「Webライターにおすすめのサイトは?」

「Webライターが登録するべきサイトが知りたい」

「Webライターとして稼ぐためには何をしたらいい?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

当記事では、現役月収40万円超ライターの私、村上の体験からWebライターのおすすめサイトを7つご紹介いたします。

村上
情報の信頼性として、筆者は現役で月収40万円以上を稼ぐ

  • Webライター
  • 構成作家
  • 添削者
  • Webディレクター

です。

私の経験・考えをベースに記事を執筆しましたので、ご参考にしてください。

 

これからWebライターに挑戦してみたいけど、どのサイトを利用していいかわからない場合はぜひ参考にしてください。

当記事をご覧になれば、もうサイト選びで迷うことはないでしょう。

 

 

目次

【前提】Webライターはできるだけ利用サイトを絞った方が良い

おすすめサイトを紹介する前に前提知識として、Webライターはできるだけ利用サイトを絞った方がいいことを説明しておきます。

 

利用サイトを絞ることは、

  • サイトA
  • サイトB
  • サイトC
  • サイトD
  • サイトE
  • サイトF

を同時に利用するのでなく、

  • メイン:サイトA
  • サブ:サイトB・サイトC

といった具合で、利用サイトを厳選するということです。

 

なぜメインとサブを分ける必要があるのかというと、下記の理由があるから。

  • 理由①:実績が積み上がりやすいから
  • 理由②:手数料は1サイトの報酬が多い方が節約できるから

 

理由①:実績が積み上がりやすいから

まずは実績について。

クラウドソーシングサイトを利用する場合は、実績が可視化されます。

メモ

クラウドソーシングサイトとは?:ネットを介して仕事の受発注をするサイト。

クライアントとワーカーのマッチングアプリのようなもの。

 

実績が多いほど、評価が高いほど提案が通りやすくなります。

そのため、実績はなるべく一点集中した方が効率がいいというわけ。

 

できれば、メインサイトで案件を取るようにするべきです。

しかし、どうしても案件がない、取れない場合はサブサイトを利用するといった流れがおすすめです。

 

村上
私はクラウドワークスをメイン、サグーワークスをサブに設定しています。

ただ、ほとんどの案件をクラウドワークスにて受注しています!

 

理由②:手数料は1サイトの報酬が多い方が節約できるから

また、実績以外にも手数料の観点からも一点集中の方がメリットがあります。

下記はクラウドソーシングサイト大手のクラウドワークスの手数料をまとめた表です。

 

出典:クラウドワークス

 

上記を見てもわかるように、10万円以下の報酬では20%、10万円〜20万円では10%、20万円以上なら5%とどんどん手数料は下がっていきます。

そのため、さまざまなサイトで複数案件を受注するより、1つのサイトで大量受注した方が手数料が安くなるというわけ。

 

もちろんクラウドソーシングサイトを早めに卒業するのが一番です。

しかし、初心者はクラウドソーシングサイトじゃないと案件が取りづらいでしょう。

 

村上
クラウドソーシングサイトを効率的に利用することが大事ですので、まずはメインとサブにサイトを絞って利用してみてください。

 

【結論】Webライターのメイン利用におすすめなサイト3選!

Webライターのメイン利用におすすめなサイトは下記の3つが挙げられます。

まずは下記3つの中で一番自分に合いそうなサイトを検討して、メインサイトに設定しましょう。

  • クラウドワークス:案件数最大級
  • ランサーズ:ユーザー満足度No.1
  • サグーワークス:ライター特化

 

それぞれの特徴をまとめると下記です。

  案件数 ユーザー数 ライティング特化案件 単価
クラウドワークス
ランサーズ
サグーワークス
◎(プラチナライターの場合)

 

クラウドワークス

出典:クラウドワークス

クラウドワークスは最大規模のクラウドソーシングサイトです。

案件数やユーザー数は業界最多。

 

そのため、クラウドワークスは選択肢の幅が広いという特徴があります

ただし案件の数が多いということは

  • 低単価案件
  • 悪質案件

上記が多いということでもあります。

 

初心者がまず1件の案件を受注するには向いていますが長期的に稼げるのかというと工夫が必要でしょう。

村上
ちなみに私は、クラウドワークス一筋で活動しており、現在プロクラウドワーカーに認定されています。

 

クラウドワークス公式サイトはこちら

 

ランサーズ

出典:ランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスに次ぐ、大手クラウドソーシングサイトです。

案件数・ユーザー数はクラウドワークスに劣りますが、ユーザー満足度は業界No.1(ランサーズ調べ)。

 

非常にバランスが取れたサイトなので利用のしやすさはピカイチ。

クラウドワークスに比べると案件の単価も比較的高めな印象です。

 

初心者にはクラウドワークスをおすすめしますが、長期的に活動したいならランサーズがおすすめ。

また、ランサーズには認定ランサー制度があり、こちらはプロクラウドワーカーに比べて審査が甘めなので、早い段階で認定される可能性があります。

メモ

認定ランサー・プロクラウドワーカーとは?:各クラウドソーシングサイトが認めた精鋭のワーカー。

 

ランサーズ公式サイトはこちら

 

サグーワークス

出典:サグーワークス

サグーワークスはライティング特化型のクラウドソーシングサイトです。

特徴はクライアントワークが一切なく、サグーワークスのスタッフとのやりとりだけでOKな点。

 

面倒な条件交渉などは全てスタッフがしてくれますので、ライティングに集中できるのが魅力です。

また、プラチナライター制度があり、テストに合格すれば文字単価1.0円の高単価案件をがっつり受注できます。

 

ただし、案件数はそこまで多くないので、メインに据えるにはやや弱い印象も受けます。

村上
クラウドワークス・ランサーズで足りないところを補うサブ的な利用もアリでしょう。私はそうしています!

 

サグーワークス公式サイトはこちら

 

【結論】Webライターのサブ利用におすすめなサイト4選!

次はWebライターがサブ利用するのにおすすめなサイトを4つ紹介します。

下記がおすすめです。

  • ココナラ
  • Shinobiライティング
  • Indeed(インディード)
  • WANTEDLY(ウォンテッドリー)

 

ココナラ

出典:ココナラ

ココナラはスキルマーケットと呼ばれるタイプのクラウドソーシングサイトです。

通常、クラウドソーシングサイトはクライアントが価格を設定しますが、ココナラはワーカー(出品者)が価格を設定します

 

また、出品者を検索して依頼するスタイルになるので、売れっ子になればバンバン受注できるといった特徴も。

ただし、ココナラの一存でおすすめ出品者は変更されるので、完全に依存するのはやや危険です。

 

そのため、サブ的な利用がおすすめというわけ。

村上
ココナラの販売実績は他のクラウドソーシングサイトや直接取引でも実績として利用できるので、おすすめですよ!

 

ココナラ公式サイトはこちら

 

Shinobiライティング

出典:Shinobiライティング

Shinobiライティングはサグーワークスと同様、ライティング特化のクラウドソーシングサイトです。

特徴としては、ライターランク制度があります(こちらもサグーワークスと同様ですが……)。

 

サグーワークスとの違いは単価。

サグーワークスが1.0円以上の案件を得られるのに対し、基本的にShinobiライティングは単価が低め。

高額報酬を得るのは難しいでしょう。

 

村上
そのため、サブサイトとして登録しておき、どうしても案件がない場合の利用がおすすめです。

 

Shinobiライティング公式サイトはこちら

 

Indeed(インディード)

出典:インディード

ここからは求人系のサイトです。

テレビCMでもお馴染みのインディードです。

 

直接契約系なので、ハードルが高い分、報酬も高め。

脱初心者したい方はインディードなどを利用しましょう。

 

直接契約をするためには、実績開示が必須です。

その際はブログやポートフォリオの提出が重要になってきます。

下記ページを合わせてご覧ください。

【やらなきゃ損】Webライターはどんなブログ内容を書くべき?現役ライターが解説

「Webライターがブログをするならどんな内容がいいんだろう?」 「Webライターがブログをするメリット・デメリットは?」 「Webライターがブログを始めるには何をしたらいい?」 上記のようにお考えでは ...

続きを見る

【必見】現役Webライターのポートフォリオ例を5つ紹介!作成方法も徹底解説!

「Webライターのポートフォリオ例を見てみたい」 「Webライターとしてポートフォリオを作りたい」 「Webライターのポートフォリオを作るコツや注意点は?」 上記のようにお考えではないでしょうか。 & ...

続きを見る

【受注倍増】Webライターのポートフォリオの作り方!採用率アップの秘訣3選!

「Webライターのポートフォリオの作り方がわからない」 「Webライターのポートフォリオは何を書けばいいの?」 「受注率が上がるポートフォリオってどんな感じ?」 上記のようにお考えではありませんか。 ...

続きを見る

 

Indeed(インディード)公式サイトはこちら

 

WANTEDLY(ウォンテッドリー)

出典:WANTEDLY

ウォンテッドリーも直接契約系のサイトです。

非常にWebライターのユーザーが多く、直接契約の多くはウォンテッドリー経由。

 

ウォンテッドリーの特徴は、ライター特化案件・編集者案件が豊富にあること。

Webライターとしてキャリアアップしたい方には特におすすめしたいサイトです。

 

WANTEDLY(ウォンテッドリー)公式サイトはこちら

 

Webライターがクラウドソーシングサイトを利用する際の注意点

Webライターにおすすめのサイトを紹介しました。

しかし、気をつけるべき点がいくつかります。

 

クラウドソーシングサイト利用時の注意点を下記のようにまとめました。

  • 手数料が高い
  • 悪質クライアント・悪質案件が多い
  • クラウドソーシングからの直接契約は規約違反

 

手数料が高い

まずは手数料が高いという点。

注意ポイント

一般的にクラウドソーシングサイトの手数料は売り上げの20%ほどです。

 

もちろん、高額報酬になれば手数料が少なくなるケースもあります。

ただ、それでも高額の手数料を取られることに変わりはありません。

 

特に専業でWebライターになりたい、月収数十万円稼ぎたいと思った場合、手数料20%は痛いものでしょう。

そのため、なるべく早めにクラウドソーシングサイトを卒業して、直接契約に移行してください。

 

村上
最初は提案が通りにくいでしょうが、実績とスキルを身につければ徐々に楽になりますよ。

 

悪質クライアント・悪質案件が多い

また、大手クラウドソーシングサイトに多いのが、悪質クライアント・悪質案件です。

悪質なクライアントや案件だと

  • 安く買い叩かれる
  • 報酬未払いで逃げられる
  • 規約違反の業務内容

といった問題が起こり得ます。

 

上記を回避するためには、契約前にクライアントの評価・実績を確認しましょう。

クラウドソーシングサイトの場合、平均評価が4.0を下回っているなら何らかの問題がある場合がほとんど。

 

村上
私は、事前に評価を調べて4.0を下回っていた場合はブロックしてメッセージを送れないようにします!

悪質クライアントとは関わるだけ時間の無駄ですので、注意しましょう。

 

クラウドソーシングからの直接契約は規約違反

また、直接取引がしたいからといって、クラウドソーシングサイトで取引をしているクライアントと直接契約を結ぶことは規約違反です。

そのため直接契約がしたい場合はインディードやウォンテッドリーなどを利用して獲得するようにしましょう。

 

バレなきゃ良いと思っていても、バレたとき最悪アカウント停止・削除の処罰を受ける場合があります。

村上
せっかく積み上げた実績が無駄になる可能性があるので、十分注意しましょう。

 

Webライターが月収40万円を突破するための手順

最後に、現役月収40万円超ライターの私が月収40万円を突破するためにどういった手順を踏んだかを解説していきましょう。

内容を参考にしていただければ、再現性高く月収40万円超を達成できますよ。

 

流れとしては下記のようなイメージ。

  1. 文字単価1.0円以上の案件を獲得する(月収5万円〜10万円)
  2. 文字単価2.0円以上の案件を獲得する(月収10〜20万円)
  3. 執筆効率を上げて時給2,000円以上を目指す(月収20〜30万円)
  4. 複数社と取引して多数の高額・継続案件を確保する(月収30〜40万円)

 

文字単価1.0円以上の案件を獲得する(月収5万円〜10万円)

まずは文字単価1.0円以上の案件を獲得しましょう。

おそらく、ノースキル・ノー実績の方は1.0円の案件を受けることは難しいはず。

 

そのため、文字単価0.5円〜0.9円の案件から実績を積んで、1.0円案件にトライするための基礎を身につけましょう。

文字単価1.0円以上の案件を獲得するための具体的なステップは下記ページで解説しています。

【難しい?】Webライターが月5万稼ぐのは簡単!最短ルートを現役ライターが解説

「Webライターが月5万円稼ぐのって難しい?」 「Webライターが月5万円稼ぐのはどうしたらいい?」 「Webライターが月5万円稼げないのは何が原因?」 上記のようにお考えではありませんか。 &nbs ...

続きを見る

 

ちなみに、文字単価1.0円を突破できれば、月5万円〜10万円を達成できるでしょう。

 

文字単価2.0円以上の案件を獲得する(月収10〜20万円)

次は文字単価2.0円以上の案件獲得です。

基礎的なスキル・実績があれば1.0円/文字までは簡単。

 

2.0円/文字の案件を得るためには、

  • SEOのスキル
  • 専門分野の知識
  • WordPressなどの操作

上記が必須です。

 

もし、専門資格などをお持ちでない場合は、資格を取るのもショートカットになります。

おすすめ資格は

  • 薬事法管理者
  • ファイナンシャルプランナー
  • 宅建士

などです。

 

SEOと専門分野、WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)の利用を突き詰めて高単価案件を獲得しましょう。

【凡人でも】Webライターが高単価案件を受注する11の秘訣【現役ライターが解説】

「Webライターとして高単価案件を受注するにはどうしたらいいの?」 「Webライターの報酬相場や月収ってどれくらい?」 「Webライターとして稼げるようになるにはどれくらいかかる?」 上記のようにお考 ...

続きを見る

 

執筆効率を上げて時給2,000円以上を目指す(月収20〜30万円)

文字単価2.0円以上あれば、次は効率アップを狙いましょう。

時給換算の意識が重要です。

 

たとえば、文字単価4.0円で3,000文字を10時間で書いたとしましょう。

文字単価4.0円で3,000文字を10時間で書いた

4.0円/文字×3,000文字÷10時間=1,200円/時間

となり、時給1,200円です。

 

一方、文字単価2.0円で3,000文字を3時間で書いたとすると、

文字単価2.0円で3,000文字を3時間で書いた

2.0円/文字×3,000文字÷3時間=2,000円/時間

で、時給2,000円。

 

つまり、上記条件なら、文字単価2.0円の方が稼げるというわけ。

文字単価はもちろん重要ですが、ある程度のレベルまでいったら、時給の高い案件を獲得する意識を持ちましょう。

 

そして基準は時給2,000円です。

時給2,000円を1日6時間、月25日稼働すると

時給2,000円を1日6時間、月25日稼働

2,000円/時間×6時間/日×25日/月=300,000円/月

で、月収30万円です。

 

時給2,000円を目指して効率化をしていきましょう。

 

ちなみに、時給が上がらないときは

  • タイピングが遅い
  • 知識が足りない
  • 修正が多い

のどれかが原因なので、自分が該当する箇所を修正して、時給をアップさせてください。

 

複数社と取引して多数の高額・継続案件を確保する(月収30〜40万円)

時給2,000円をキープできるようになったら、取引件数を増やして月収を増やしていきましょう。

おすすめは3社〜4社程度との取引です。

 

1社で10万円、4社で40万円の売り上げくらいにしておくと、案件継続が難しくなったときでも、すぐに次の案件に移行できます。

1社に依存するのは危険なので、注意しましょう。

村上
私も4社(1社は休止中)で、取引をしています!

 

まとめ:Webライターはメイン1サイトとサブ2〜3サイトを組み合わせて使おう!

Webライターにおすすめのサイトは下記です。

<メインサイトとしておすすめ>

  • クラウドワークス:案件数最大級
  • ランサーズ:ユーザー満足度No.1
  • サグーワークス:ライター特化

<サブサイトとしておすすめ>

  • ココナラ
  • Shinobiライティング
  • Indeed(インディード)
  • WANTEDLY(ウォンテッドリー)

 

また、サイト利用は

ポイント

  • メイン:サイトA
  • サブ:サイトB・サイトC

といったイメージがおすすめです。

 

ご自身に一番合ったサイトを見つけて、実績をガッツリ積み上げましょう。

今回簡単に説明した月収40万円までのステップを詳細に解説したページもございます。

あわせてご覧ください。

【高時給】Webライターで月40万稼ぐ方法・手順は?月収40万の現役が赤裸々解説

「Webライターで月収40万円って可能なの?」 「Webライターで月収40万円になりたい」 「高時給Webライターになるためにはどうしたらいい?」 上記のようにお考えではありませんか。   ...

続きを見る

-WEBライター

© 2021 KWスクール ~1流のWEBライターを目指す~ Powered by AFFINGER5